脳や神経の疲労の回復方法

  1. 長期間の作業は脳の調整力を低下させる
  2. 脳や神経の疲労の回復方法
  3. 脳や神経の疲労に対する応急処置
  4. まとめ

精神的疲労や筋肉の疲労だけでなく、脳や神経の機能低下によっても疲労感が発生します。脳や神経の疲労を回復させ、作業効率を上げる方法をご紹介します。

長期間の作業は脳の調整力を低下させる

デスクワークなどで同じ作業を長時間続けて、脳や神経を緊張させていると、脳の調整力が低下して情報処理がスムーズに行われなくなります。こうした脳や神経の機能低下が起こると、身体が警告を発して疲労感が生じます。
こうした脳や神経の機能低下による疲労を防ぐには、一時的な休息や、脳のエネルギー源となる糖分の補給などが効果的です。

脳や神経の疲労の回復方法

短時間の睡眠をとる

脳や神経の緊張緩和には、睡眠がとても効果的です。
睡眠時には、自律神経のバランスが副交感神経優位の状態に切り替わり、作業で刺激された交感神経の興奮が抑制されます。このため、短時間の睡眠でも高いリラックス効果が得られます。
ただし、30分以上眠ってしまうと眠りの深い段階に入ってしまい、起きたときにぼんやりしたり、逆に眠気が強まったりする場合があります。脳の休息のために睡眠をとる場合は、15-20分程度の短時間にとどめましょう。

こまめに休息をとる

3時間作業をした後に15分休憩するよりも、1時間ごとに5分休憩した方が、脳や神経の機能が低下しにくくなります。脳や神経の機能低下による疲労を防ぐには、こまめな休息が重要です。
また、同じ姿勢で作業を長時間続けていると、血行が悪化して脳や神経の機能が低下しやすくなります。こまめに椅子から立ち上がり、深呼吸や軽いストレッチをすると、脳の血行が良くなって作業効率の低下を防げます。

疲れたら別の作業をする

同じ作業を続けていると脳が飽きてしまい、脳の調整力が低下します。デスクワークで疲労を感じてきたら、机の掃除などの別の作業を行うと、脳や神経がリフレッシュされてその後の作業効率が上がります。

目を休める

人間は情報の8割を視覚から得ているといわれています。眼精疲労が脳の疲れの原因になっている場合も多く、目を短時間閉じているだけでも、脳や神経がリフレッシュされます。
オフィスなどの光がある場所では、アイマスクなどを着けてしばらく目を休めると良いでしょう。

脳の栄養となる糖分を摂取

脳の機能には多くのエネルギーが必要です。エネルギーが不足すると脳や神経の機能低下が起こり、強い疲労感が生じます。
普段から朝食をしっかりと摂り、脳のエネルギー不足を防いでおくと、脳や神経の疲労が起こりにくくなります。また、脳や神経の疲労時に糖分を摂取すると、一時的に脳が元気になって作業効率が上がります。

脳や神経の疲労に対する応急処置

こまめな休息や短時間の睡眠が効果的だと分かっていても、なかなか休めない場合も多いでしょう。脳や神経が疲労した場合に、一時的に疲労感を取り除く方法をご紹介します。

コーヒーや栄養ドリンクを飲む

コーヒーや栄養ドリンクにはカフェインが多く含まれています。カフェインには脳内物質のドーパミンの分泌を促進する作用があり、やる気や元気を高め、脳を覚醒させます。

チョコレートを食べる

チョコレートの原料であるカカオには、ポリフェノールが多く含まれています。ポリフェノールには疲労の原因となる活性酸素を中和する抗酸化作用があります。
また、チョコレートには中枢神経を覚醒させる成分が含まれているほか、多幸感をもたらすエンドルフィンを脳内で放出させる作用があります。
さらに、チョコレートの糖分は脳のエネルギー源となり、脳を元気にして作業効率を向上させます。

アロマオイルを利用する

アロマオイルの香りは、鼻の神経を介して脳に直接作用し、脳をリフレッシュさせます。
アロマオイルには、脳内物質のエンドルフィンの分泌を促進する作用もあるといわれており、疲労感を軽減する高い効果があります。

いくつかの応急処置をご紹介しましたが、こうした方法は疲労感を紛らわせる効果が主であり、根本的な疲労回復には休息が最も重要です。特にカフェインは一種の興奮剤であり、効き目が切れると以前よりも疲労感が強くなる場合があります。
こうした方法は応急処置にとどめ、作業が終了したら十分な休息をとることをおすすめします。

まとめ

長時間作業を続けていると、脳や神経の機能低下が起こり、強い疲労感が生じます。こうした脳や神経の疲労には、こまめな休息や糖分の摂取が効果的です。休息が取れない場合は、カフェインやチョコレート、アロマオイルなどを利用すると、一時的に疲労感が緩和されます。
脳や神経の疲労は、作業効率を大きく低下させてしまいます。以上の方法を参考にして、脳や神経の疲労を解消することをおすすめします。